ホーム » 精力についての知識 » 勃起に大きな影響を与える副交感神経について | 完走マン

勃起に大きな影響を与える副交感神経について | 完走マン

読了までの目安時間:約 7分

脳が感じた性的興奮が、副交感神経によって神経中枢へ伝えられることで勃起へと至ります。

 

しかし不安などが原因でその刺激がうまく伝わらないこともあります。精力剤を使用することで心配を減らすことも大切です。

 

勃起には副交感神経が大きく影響している

 

男性が勃起するためには、まず脳が性的興奮を感じる必要があります。

 

視覚・触覚などの五感をとおして脳が刺激を受け、脳が興奮を覚えます。

 

その興奮を脳は体の様々な器官に伝えようとします。

 

その行き先のひとつに勃起中枢があります。

 

この神経中枢は男性器に深い関わりを持つ神経の集まりのことで、脳が覚えた興奮は副交感神経によってこの勃起中枢に運ばれるのです。

 

刺激が伝えられた勃起中枢は一酸化窒素を多量に分泌さることでペニス内の血管を膨張させ、ペニス内の海綿体に血液が充満していきます。

 

こうすることでペニスは固く大きくなるのです。

 

たとえば精力剤には、この一酸化窒素の生成を促す成分が入っているものもあります。

 

このような一連の流れのなかで、特に重要な役割を担っているのが副交感神経です。

 

上記のように、脳からの刺激は副交感神経によって勃起中枢へ伝えられます。

 

しかし、自律神経のバランスが乱れていたり、後述する交感神経が優位になっていたりすると、刺激が勃起中枢へきちんと伝わらず、これが勃起不全の原因になるのです。

 

自律神経の働きと役割

 

副交感神経は自律神経のひとつで、もうひとつの交感神経と役割を二分しています。

 

自律神経とは発汗・体温調整・呼吸・などの不随意な機能を制御する役割を担います。

 

その役割のひとつに生殖機能もあるのです。

 

自律神経は二つの神経系からなると述べましたが、どちらかひとつだけが交互に働いているというわけではなく、どちらかが優位になった状態で働いていることになります。

 

それでは二つの働きを見ていきましょう。

 

まず交感神経は、昼間に活発になり、活動している時、緊張やストレスを感じている時などに優位に働きます。

 

心拍数が増え、血管は収縮します。反対に副交感神経は夜に働く神経です。

 

主にリラックスしている時に優位に働き、お風呂に入っている時やマッサージを受けている時などは優位になっている時の代表ではないでしょうか。

 

心拍数が落ち着いており、筋肉や血管は弛緩しています。

 

つまり勃起時に副交感神経優位の状態が望ましいということは、心も体もリラックスしている必要があるということです。

 

性的興奮というと交感神経が優位だと思われがちですが、実は逆なのです。

 

自律神経はどのようにして乱れるか

 

しかし、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、いざとゆう時にうまく副交感神経が働かないということも起こり得ます。

 

勃起不全の原因の多くは自律神経の乱れにあると言われているのは、このためなのです。

 

では、自律神経のバランスの乱れの原因はどこにあるのでしょうか。

 

多くの原因は様々なストレスです。肉体的または精神的なストレスが原因で交感神経優位の状態が続き、副交感神経がうまく働かなくなるのです。

 

たとえば、セックスに強いコンプレックスがあったり、仕事で肉体が疲れていたり、または十分な休息がとれていないなどの原因が肉体的・精神的ストレスとなり、交感神経優位の状況が生まれ、結果勃起不全を招くということが考えられます。

 

そのため勃起不全を改善するための精力剤には、自律神経の調子を整える成分が含まれているものもあります。

 

まずは十分な休息を取ることでストレスを取り除き、リラックスした状態でセックスに望むことが大切です。

 

さらに精力剤などを使用することで、心に余裕を生み出すことも十分必要なことなのです。

 

自律神経を整えるためには

 

自律神経のバランスが勃起に強く関わるという話をこれまでしてきましたが、最期に自律神経を整える方法をお話しします。

 

先ほどから述べているように、まずは十分な休息や睡眠をとること。特に日常のストレスを十分に取り除くことをお勧めします。

 

また、座禅や呼吸法などのリラクゼーションも効果的です。

 

そして、セックス時には深く呼吸し、リラックスした状態で臨むことが大切です。

 

しかし、過去に失敗した経験などがあると、そのことばかりが気になり、それが自律神経の乱れを生み出します。

 

先ほども述べましたが、精力剤などを利用することで心配事をなくし、心に余裕がある状態をつくること。

 

または、精力剤自体が自律神経のバランスを整えてくれる場合もあるので、そのため落ち着いた状態が作れるなどが考えられます。

 

これまでをまとめますと、脳が覚えた性的興奮を効果的にペニスまで伝えるためには、自律神経のバランスがきちんと整っていることが不可欠です。

 

そのためにはストレスなどを減らし、さらに心配事などもない状態でセックスに臨めることがとても位大切なことなのです。

 

この記事に関連する記事一覧