ホーム » 精力についての知識 » 精力剤の間違った使い方に注意! | 完走マン

精力剤の間違った使い方に注意! | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

精力剤は、男性の悩みを解決してくれるとても優れたものですが、その成分の素晴らしさが故に誤った使い方による副作用など、様々なリスクも持っていますので、使用方法はしっかり守るという注意が必要です。

 

 

精力剤の種類は、主に3種類!自分にあったものを

 

近年雑誌やテレビCMなど、精力剤に関する情報はたくさんあり、どれも大体同じような効果を謳ったものばかりです。

 

しかし、精力剤にはそれぞれ効能があり、何でもいいから飲むというのではあまりにもお金がもったいないです。

 

精力剤は、大きく分けると主に3種類に分けることができ、一つ目は疲労回復・滋養強壮を目的として、間接的に男性の機能に働きかけるものがあります。

 

精力剤の中でも割とよく聞く効能の一つですが、これは簡単に説明すると、男性が本来持っていたであろう身体的な機能を蘇らせるというところに特徴があります。

 

二つ目は性ホルモンを使用したもので、これは加齢やストレス・喫煙などの様々な習慣によって、陰部や性ホルモンの分泌抑制、精力が減退してしまったものを促進させる効果、つまりは精力のアップを図ることにその特徴があります。

 

そして、三つ目が勃起薬系の精力剤で、自律神経や勃起中枢に働きかけて勃起を促すというものがあります。

 

どれも同じと思っていた精力剤にも、詳しく見ると様々なものがあり、服用の仕方にもそれぞれ特徴があるということはよく覚えておきましょう。

 

 

このような分類も!状況に合わせて選びましょう

 

疲労回復・滋養強壮、性ホルモン、勃起薬など、様々なものがあることはお分かりいただけたと思いますが、具体的にはどのような場面において使うのがいいのかよく分からないと思います。

 

せっかくお金を使って買うわけですから、無駄なお金にならないように、もう少し詳しく理解した上で購入しましょう。

 

精力剤はそれぞれ目的を持って製造されているということは先ほど説明したとおりですが、その効果や成分だけではなく、使用するときの場面に合わせても様々なものが用意されています。

 

例えば、食品や医薬品で、食品の中にはサプリメントの錠剤や粉末のもの、ドリンクなどがあります。医薬品はその名のとおり、薬と考えていいでしょう。

 

ここで説明したいのは使用場面に関するものですので、主にサプリメントとしての錠剤や粉末、ドリンクについてなのですが、これらは体に吸収されるまでの時間を左右することになりますので、その日にセックスする予定のある場合はドリンク、普段使いの場合は錠剤や粉末など、その日の状況に合わせて使い分けて下さい。

 

ドリンクタイプの値段が高いのも、こういった背景からです。

 

 

特に医薬品にはご注意!

 

結局、その日の状況に応じて使い分けるよりも、薬タイプの方が即効性もあるし色々な成分が入っているからいいのではないかと思われるかもしれませんが、安易にそのような方法をとるのはあまりお勧めできません。

 

というのも、薬のように即効性がある、効果が出やすいものは、それだけ強烈で体に負担がかかりますし、段々と体が慣れてきて効きにくくなったり、また副作用に悩まされることもあり、知識を持たずに安易に使用するにはあまりに危険だからです。

 

実際のところ、医薬品に分類されるものの安全性についてはよくないですし、使用するのであれば何かしらの副作用は覚悟しといた方がいいでしょう。

 

さらに副作用と同じく気をつけてもらいたいのは、過剰摂取や他の薬との飲み合わせであり、これについては事故の報告をよく耳にします。

 

先ほども言いましたが、体が慣れてくることにより効果の方も薄くなって、少量では足りなくなってくることもありますし、また別の薬を服用中の場合は、飲み合わせが悪かった場合、最悪の結果をもたらすことにもなりますので、使い方についてはよく考えましょう。

 

まずはしっかり読むこと!正しい使い方を

 

余計な不安を煽るようなことばかり言うようですが、それだけ医薬品に分類されるものは、現在ではまだ安心できる段階のものではありませんし、個人で輸入しているものを買うなど、保証が約束されていないようなものは特に注意してください。

 

薬に限らず言えることですが、なにを使うにしても、まずは取扱説明書などに書かれている用途や用法、注意事項をしっかり読むことです。

 

それが一番安全な使い方になりますし、効果を一番実感できる使い方でもあります。

 

それでも不安要素があるなら、まず購入する前に薬剤師に相談したり、一度病院にも足を運び、医師に直接相談されるのがいいでしょう。

 

以上のようなことに注意されていれば、間違った使い方は防げますし、思ったような効果が得られなかったなどということも少なくなります。

 

そして、基本的には安全性に気を使われている製品ばかりではあるのですが、利用する方が間違った使い方をすることにより効果が得られない、そればかりか副作用など、最悪の場合は思わぬ結果を招くということは、しっかり肝に銘じて、注意するようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧