ホーム » 精力についての知識 » EDは心臓病・動脈硬化の前兆って本当? | 完走マン

EDは心臓病・動脈硬化の前兆って本当? | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

EDの症状を精力剤で誤魔化すというのは非常に危険です。

 

勃起できないという症状が心臓病や動脈硬化の前兆、シグナルとして出てくることもありますから、もし怪しいと感じた場合は病院に行くようにしましょう。

 

 

精力剤を飲む前にEDかどうかのチェックを

 

精力剤は飲むだけで勢力を高めてくれるとされている商品であり、現在ではドリンクから錠剤までさまざまなものが販売されています。

 

精力剤専門の紹介サイトや通販サイトが出てくるほど精力剤は人気のある商品なのですが、しかし「勃起が出来ないから」と言う理由で精力剤を飲むのであれば、それは少し待った方が良いです。

 

もちろん飲むこと自体が悪いわけではありませんが、精力剤を飲まなくては勃起が出来ないほどの状態になっているのであれば、それはEDを疑わなくてはならない状態だからです。

 

勃起不全や勃起障害と呼ばれることもあるEDは男性にとってプライドに関わる重要な問題であるため認めたくない気持ちもあるでしょうし、またそうではないかと疑っていても恥ずかしさがって専門医に相談できないなどのこともあります。

 

ですがEDはさまざまなことが原因となって引き起こされることでもあるのですから、早めに原因を突き止めて改善をした方が良いのです。

 

特にその原因には放置していると大変なことになるものもあります。

 

今回はこのEDの原因についてクローズアップしてみましょう。

 

 

EDは心臓病や動脈硬化のシグナル

 

それではEDの原因としてはどういったものがあるのかというところで、まず恐ろしいものとして覚えておかなくてはならないのが心臓病や動脈硬化の存在です。

 

一見すると心臓や動脈と陰茎は全く関係ないのではとも思えますが、勃起という男性器の仕組みは十分な血液が確保されて初めて実現することです。

 

そのため勃起が出来ないという状態は、陰茎に十分な血液が送りこめない状況であるということも考えられます。

 

こうしたタイプのものは「器質性勃起不全」と呼ばれるのですが、この器質性勃起不全を引き起こすことが多いのが心臓病や動脈硬化なのです。

 

心臓病を抱えてしまったことによって血液を循環させる能力が衰えてしまえば陰茎に送り込まれる血液の量が減少することに繋がりますし、動脈硬化を起こして血管が硬くなってしまっていると、これも心臓から送りこまれてくる血液に上手く対処できなくなってしまいます。

 

特に現代人は食生活が豊かになったことや日常での運動不足の発生により、こうした高血圧に関連する病気の発生率が高くなっていますので注意が必要なのです。

 

 

動脈硬化を放置するとどうなるの?

 

さて、心臓病に関してはその名の通り人間にとって最も重要な心臓が病に侵されているということで誰でも恐ろしい状態だとわかるのですが、動脈硬化と言うとその恐ろしさが今一つ分かっていない人が多いのも事実です。

 

動脈が硬くなるだけなのに何の問題が起きるのか分かりづらいという人も多いでしょう。

 

ではどうして動脈硬化が恐ろしいのかと言うと、重要なのは硬くなった動脈は血液の流れに応じて形を変えづらくなること、そうした状態で高い圧力を加えられた場合破れる可能性があることです。

 

腕や足などの小さな血管が破れた程度であればまだ良いですが、もし脳の血管が破れてしまった場合には脳出血やくも膜下出血に繋がります。

 

どちらも脳卒中という病気に分類されますが、脳卒中が発生すると死に至る可能性が高い上、かつ命を取り留めても身体機能に障害が残る可能性が高いために非常に危険です。

 

また血管が傷つくことで出来る血栓が剥がれて血管を流れていけば心臓や脳の血管に詰まる心筋梗塞や脳梗塞などの致命的な症状に繋がります。

 

このように動脈硬化は放置してはならない非常に危険な症状なのです。

 

 

EDが疑える場合はまず病院に行きましょう

 

このように血管の問題があってEDが引き起こされている場合、それは早期に治療に入らなくては非常に危険であると言えます。

 

精力剤で一時的に状況をしのいだとしても、精力剤は勃起が出来ないという状態を改善する効果しかありません。

 

血管の状態が悪化していることについては完全に放置されてしまっているわけですから、精力剤でEDを誤魔化すことは非常に危険なことであると言えるのです。

 

もちろんEDであることを相談するのは恥ずかしいという気持ちもあるでしょうし、精力剤で何とかなっているのであればまだ大丈夫だろうと信じる気持ちもあるでしょう。

 

ですが高血圧に関連して起きる重度の合併症は、命を奪う可能性が高い危険なものばかりです。

 

そうしたものを放置していれば、いつしか本当に取り返しのつかないことになってしまいます。

 

EDという症状が血圧関連の疾患のシグナルとして出てきたことは、むしろ取り返しのつかなくなる前に病院を受診する機会を与えてくれた「良いこと」として考えられますから、EDと疑えるような症状が出てきたのであれば早い段階で病院に行くようにしましょう。

 

 

この記事に関連する記事一覧