ホーム » 精力の改善方法 » 精液量が少ない原因は?増やすためにできること | 完走マン

精液量が少ない原因は?増やすためにできること | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

勃起不全などに悩んでいる人に限らず、年齢を重ねていくと自然と精液量が少ないと感じる人が増えています。

 

様々な原因が考えられますが、改善の手として精力剤を使用することで増加が望めます。

 

 

精子と精液の役割の違い

 

精子と精液は役割が異なることを知っている人はとても少ないです。

 

精子というのは脳から分泌されたホルモンがその他のホルモンの分泌を促進して、精細管や製造内の細胞に働きかけるで男性ホルモンを再生することによって形成されます。

 

一方で精液は精囊と前立腺でつくられます。

 

その中でも精囊からの分泌液は精子に運動エネルギーを与える重要な役割を持っています。

 

また、精液量というのは精子の運動率にも非常に関係性があり、性行為などでは正確に精液量から精子の質や状態というのはわかりませんが、精液検査を行うことで、精子の数や運動率などがわかります。

 

基本的に男性不妊治療の際の検査で行われ、精液量が多いか少ないかで精子の量も変わります。

 

これには原因があり、精子や精液というのは、体調にとても左右されやすいもので、検査の前日などに無理をして睡眠不足だったり疲れがたまっている状態だととても精液量は少ないです。

 

そのため、精子の運動率も悪く、量も少なくあらわれます。

 

そのような場合は再検査を行うこともあるので、正確に知るまで時間がかかってしまいます。

 

 

精子や精液を守るためにしてはいけないこと

 

精子や精液を増加させることも重要ですが、まずは減少する原因を作らないということも重要です。

 

増加させる方法としては精力剤などが用いられますが、精力剤を使用する前に自分で減少してしまう原因を突き止めて、改善することも一つの手です。

 

考えられる要因としては、まず煙草が挙げられます。

 

これは、精子の形成に異常を及ぼし運動性を低下させてしまうからです。

 

個人差はありますがあまり良いとは言えません。

 

次に、禁欲です。昔であれば、精子を増やすためには禁欲をした方が良いとされてきましたが、現在精子の生きている期間はおよそ3日間とわかっているので、それ以上長く禁欲したとしても運動率の良い精子が増えるわけではないので逆効果になってしまいます。

 

禁欲期間が長いとそれだけ精子の運動率も低下してしまうので良くありません。

 

次に、男性なら好きな人も多いサウナです。

 

精液をつくる精巣付近は温度が高いと精巣の機能が衰えてしまうため、あまり高温のサウナであったり、熱めのお風呂に長風呂をするようなことは避けてください。

 

 

精液を増やす食べ物について

 

精力剤のみならず、食生活も非常に重要です。

 

そのため、何を食べたら精液が増えるのかを知る必要があります。

 

一般的に言われているのは玉ねぎで硫化アリルという成分が玉ねぎには含まれており、たんぱく質と一緒に食べると効果を発揮します。

 

一日に半玉食べることを毎日行っていると一週間程度で効果があらわれてきます。

 

効果というのは男性ホルモンを分泌し、精子が増えるので必然的に精液も増えます。

 

注意しなくてはいけないことは、必ずたんぱく質と一緒に食べるということです。

 

これは、基本的に肉や魚と一緒に食べなくてはきちんとして効果が望めませんし、肉や魚にも精液を増やすアルギニンやオルニチンという成分が含まれているので、相乗効果が望めます。

 

こうした精液の量や質を増やすために食生活の改善は必要不可欠ですが、ポイントとして男性がよく飲むコーヒーに含まれているカフェインの摂取はある程度控えてください。

 

カフェインは精子の量を減少させてしまうからです。

 

さらに、精子の運動率も低下させてしまうので毎日飲む人は何日かあけて飲むようにしてください。

 

 

亜鉛を補給できる精力剤を使用

 

精液の量を増やす時に必要なのは、亜鉛です。

 

亜鉛は精液の量を増やすだけではなく、体の細胞をつくる重要な要素として注目されています。

 

逆に、亜鉛が不足すると男性機能が低下しますので、精液が少ない人というのはこの亜鉛が不足している場合がとても多いです。

 

亜鉛をとることによって、精液が増え、精子も増えるので不妊などの改善にも効果的です。

 

食べ物から摂取するのが一番健康的ですが、なかなかそうもいかないので一般的に精力剤を利用する人が多くいます。

 

ただ、亜鉛単体で摂取することも良いのですが、できる限り自然の物からとりだした栄養素が入っているものを選ぶことが大切です。

 

亜鉛というのは牡蠣にたくさん入っている成分なので、牡蠣を濃縮してつくられているようなものを選ぶようにすると天然のミネラルやビタミンを補給することができるので、体にも精神面にもより良い効果が望めます。

 

こうして、自分なりに生活習慣や食生活を少しずつ改善していって、補えきれない部分を精力剤やサプリメントを利用するようにすると自分の悩みを良い形で解決できます。

 

この記事に関連する記事一覧