ホーム » 精力低下の原因 » 性別と年齢による精力のピークと減退率の違いについて | 完走マン

性別と年齢による精力のピークと減退率の違いについて | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

東洋医学的な観点から、性別と年齢による精力のピークと減退率の違いを明らかにし、それによって精力剤をいつ、どのように活用したらよいのかを分かりやすく説明していきます。

 

東洋医学的な精力増減の観点

 

東洋医学では、女性は7の倍数、男性は8の倍数で精力が増減し、生長壮老死と人生を五分割することで、個人個人の精力の増減を分かりやすく説明しています。

 

男性も女性も第二次性徴が起こるのは14歳〜15歳前後となりますが、これは7〜8の倍数であり、男性は男性らしく、女性は女性らしくなり始める、所謂性腺刺激ホルモンが分泌され始める時期に当たり、精力が増え始めます。

 

35歳〜40歳前後になると、女性は更年期障害が出始め、男性では人によっては頭髪が薄くなってきます。

 

これも7〜8の倍数であり、精力が減退し始める時を東洋医学では昔から断言しているのです。

 

当然ながら、精力減退時期に精力剤を服用する方がより効果的で自然に近い形での摂取になる為、副作用は少なく、逆に若い時から何度も性交渉する為に精力剤を用いるような行動は、この生長壮老死という人生のサイクルを早め、老化を早めることになります。

 

このような観点によれば、自分の行ってきたことが後々自分に返ってくる事が昔から経験によって認識されていた事を証明しています。

 

 

精力のピークはいつか

 

東洋医学的観点から見ると、精力のピークは生長壮老死の5つの段階の真ん中、即ち壮年期に当たります。

 

文字通り強壮の時期であり、今まで成長して、蓄えてきたものが放出できる時期になります。

 

この時期までしっかり貯えてきた人は、栄養をしっかりとってきた木がきれいな花を咲かせるように文字通りピークでありながら最高の状態が現れます。

 

しかしながら、小さな頃から栄養状態や健康状態が余りよくなければ、花を咲かせる時期であってもあまり色艶が良くなかったり、しっかり栄養が届いていなかったりするので、良い花を咲かせることはできず、最高の状態とは言えません。

 

もし周りと比較してみると最高の状態ではなくても年代的にはこの時期が最高の状態であり、これ以上は筋力も使わなければすぐに衰え、代謝も年々衰え、肌の艶も衰えていきます。

 

つまり精力もこれ以降徐々に衰えていきます。

 

ただ、しっかりとこの年代まで蓄えながら、この年代以降も節度を大切にして生活していればこの衰えの速度を緩やかにすることはできます。

 

その方法が養生法なのです。

 

 

性別と年齢の違いと減退率

 

性別での差異はそれほど問題ではありませんが、女性の場合月経がある為に変化を感受しやすく、直接体で感じやすいので調整しやすいという利点があり、男性の場合少々の不具合は筋肉を緊張させることで誤魔化すことができる為、不具合を知らずに持ち越しながらもきづかないという欠点もあります。

 

これは性別よりも個人個人の感受性の違いや体へどれくらい気を配ってくるかで変わりますので、スポーツ選手などは体も強くしながら、よい状態をコントロールする必要がある為、性別や年齢に関わらず、年を取っても精力剤を使わずに元気な方が多いと言えます。

 

違う方面から見ると女性のスポーツ選手の場合は、月経が不調になりやすく、ホルモンバランスが崩れやすい為、競技者としては欠点となります。

 

このように性別の違いも確かにありますが、幼年期から少年期までの体への気配りが、年齢と共に減退率の違いを引き起こし結果的に同じ年齢でも精力剤が必要な人と精力剤なしでもしっかりと精力、気力を持っている人との差が現れてくるのです。

 

一番大切なのは鍛錬と養生に気をつけているか否かです。

 

 

いつ精力剤をつかうべきか

 

以上、性別や年齢、養生の違いによる精力の減退率について分析していきましたが、この観点から考えると、効率よく精力剤を使うのは、精力が減退し始めてから以降、日常生活や食生活、ストレス解消、適度な運動等をすることで心身共に健康状態を保ち、養生を含めて周期的に体が余っている分の精力を出す為の補助剤として、精力剤を服用するのが最も理想的な服用法となります。

 

しかしながら、そのように予定通りに行く人生であれば、悩む事も無いのが人生であり、精力剤を使いすぎなければ、使いたい時に使う事に関して反対するものではありません。

 

但し、精力剤の濫用は、老化の加速に繋がり、病気の誘発に繋がるほど密接に健康、身体、心と関係していますので、しっかりとこの点を頭に入れた上で、必要に応じて単発で使っていくことが一番良い方法だと思います。

 

何日も続けて服用するとか、連続で服用するような事はできるだけ避け、計画性を持って、一回一回大切に使いましょう。

 

精力剤を使う事で体内にある血や精を大幅に漏らしてしまう為、使ったとはしっかり養生することも忘れずに。

 

この記事に関連する記事一覧