ホーム » 精力剤の効果 » 媚薬と精力剤、どう違うの?それぞれの効能について | 完走マン

媚薬と精力剤、どう違うの?それぞれの効能について | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

媚薬は女性の性的欲求を高める作用がある薬、精力剤は勃起機能を改善する効能がある薬というところに違いがあります。

 

ただ精神に作用して性的欲求を高める薬は実在しませんし、今後も入手できることは無いでしょう。

 

 

媚薬と精力剤の違いとは

 

媚薬は歴史上に何度も名前が登場した薬であり、世界中の男性が追い求めてきたロマンのような存在でもあります。

 

一般的には「性行為がしたくなるようになる薬」というように認識されているのですが、現代においてこれと同じような立ち位置にあるのが精力剤です。

 

ではこれらはどう違うのかというと、辞書的な意味では媚薬は「性的興奮を高める薬の総称」とされており、精力剤は「勃起機能を改善する勃起機能改善薬」とされているというところに違いがあります。

 

女性用精力剤というものもあるため区分がかなり曖昧になっては来ているのですが、少なくとも辞書的にはこうした違いがあるのです。

 

ただ性行為に関連する薬を取り扱う場合、「媚薬」と称した場合には特別強い効果があるもの、主に女性の精神に作用して性的欲求を高める作用があるとして扱われることが多くなっていますから、それぞれの役割をざっくりと理解しておけば使い分けは出来るようになるでしょう。

 

ただこれらの薬は少々怪しいところもありますので、その点には注意が必要です。

 

今回はこうしたことについてピックアップしていきます。

 

そもそも媚薬は本当にあるの?

 

では多くの男性にとって最も知りたいであろう「媚薬は実在するのか」ということについて見ていきましょう。

 

歴史上そう信じられてきたものとして有名なものにはアザラシやオットセイといった動物のペニスや睾丸がありましたたし、意外なところではカカオや蜂蜜酒といったものも媚薬として扱われてきたことがあります。

 

さて、では現代においてもこうした用途で効果があるとされているものは何かというと、実際のところ現段階では見つかっていないのが実際のところです。

 

男性フェロモンを含む成分を使用して女性の精神に影響を与えたり、アルコールで理性や判断力を鈍らせて性行為に持ち込むということも出来ないわけではありません。

 

ですがそうしたものは一般的にイメージされる媚薬ほど強い効果があるわけでもありませんから、残念ながら現代の世界においては一切見つかっていないと言って良いでしょう。

 

もし仮にそうした作用が間違いなくある成分が見つかったとしても医薬品として厳重な管理下に置かれるでしょうから、残念ながら多くの男性がイメージする媚薬はまさに夢物語に過ぎないわけです。

 

 

精力剤を媚薬の代わりにすることは出来ないの?

 

そうなってくると気になるのが「精力剤を代わりに使うことは出来ないのか」ということです。

 

よく男性用精力剤には性欲を強くしたり、性的満足感を高めたりするとして販売されているものがあります。

 

もし同じ効能が女性に対しても期待できるのであれば、それを使って媚薬の代わりにすることもできそうに見えるでしょう。

 

ですがこれも残念ながらかなり難しいとして言わざるを得ません。

 

そもそも市販されている精力剤に薬としての効能が期待できるような強い成分が入っていることは薬事法の関係上あり得ないことですから、ほとんどの精力剤はせいぜい血行を促進して勃起を促したり、栄養剤と似た成分でスタミナを補給したり、精神を覚醒状態に促したりする程度の物となっています。

 

海外製の精力剤では医薬品成分が混入されているものもありますが、むしろそれは危険物と言った方が良いでしょう。

 

もちろん女性の体が健康になるかもしれないという「滋養強壮効果」は効能として期待できるかもしれません。

 

ですがやはり市販の精力剤程度で人の精神を変化させて性欲を強くさせるなどは期待できないのです。

 

人の精神を操作できる薬が市販されるはずがない

 

さて、ここまでのことをまとめてしまうと「女性の性的欲求を高めて性行為に持ち込みやすくする媚薬などは存在していないし、精力剤がその代わりになることもない」ということになります。

 

ただ現代の医学は日進月歩の勢いで進化していますから、今後医学や薬学、また脳科学などを含めた研究が進んでいけばいずれ「誰かの精神を自在に操作できる薬」が出てくる可能性はあります。

 

もしそうした薬が出てきたのであれば、それは使いようによっては媚薬のような効果を期待できるようにもなるでしょう。

 

ですが人の精神というものは本来、他の誰かが手を加えてはならない禁忌です。

 

うつ病などの治療を行う精神医学分野においては向精神作用のある薬を用いて治療を進めていくケースもありますが、その場合でも向精神作用のある薬は極めて厳重に管理されなくてはなりません。

 

従っていくら医学・薬学・脳科学などが進歩したとしても、誰かがその欲求のまま人の精神を操作できる医薬品が医療従事者でも無い一般人向けに、ドラッグストアやコンビニで販売されることはあり得ないと見て良いでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧