ホーム » 精力剤の効果 » 慢性疲労に精力剤は効果を発揮するの? | 完走マン

慢性疲労に精力剤は効果を発揮するの? | 完走マン

読了までの目安時間:約 7分

精力ギンギンのとき、あなたは疲れたと感じますか?

 

感じませんよね。

 

精力剤は精力をギンギンにします。

 

つまり、精力アップは慢性疲労に対して非常に効果があるということです。

 

 

精力ギンギンで毎朝元気

 

精力に満ち溢れているときは、仕事もうまくいきます。

 

誰に言われることもなく、バリバリ仕事をしますよね。

 

そして、仕事後のアフターファイブも女性とデートをしたりと大忙しです。

 

こんなときは、疲れる暇がありませんし、疲れを感じることもありません。

 

人間は調子がよく、精力に満ち溢れていると脳自体が疲れを感じにくくなるのです。

 

考えてみてください。

 

好きなことに集中したときって、いつの間にか時間が過ぎていますよね。

 

このように、精力がみなぎっているときの人間は無敵になれるのです。

 

この状態は、男性ホルモンであるテストステロンが大量に分泌されています。

 

男性ホルモンが大量に分泌されるのは、年齢的には20代が最も多く、年齢とともに下がってきます。

 

誰しも、経験があると思いますが、若いときはいろんなことに熱中できたと思います。

 

しかし、年齢を重ねるごとに徐々に、その熱も冷めていきます。

 

つまり、男性ホルモンが少なくなってきているからです。

 

では、この男性ホルモンを増やすにはどうすればよいのか?

 

つまり、精力アップすることなのです。

 

 

精力アップすると慢性疲労にも効果あり?

 

先ほども話しましたが、精力ギンギンだと疲れることすら忘れます。

 

では、慢性疲労などでネガティブな状態の時って、朝立ってありますか?

 

ほとんどの人は、慢性疲労などで疲れが溜まった状態だと、アソコも元気が無いのが普通です。

 

ストレスや疲れ、寝不足など慢性的に疲れた状態というのは、ある意味病気の一歩手前だからです。

 

酷い慢性疲労ですと、病気のような状態になります。

 

極端な例ですと、うつ病のような状態です。

 

このような状態だと、朝立どころか性欲すら消失してしまします。

 

つまり、精力が減退すると、常時疲れたような状態に陥ってしまうわけです。

 

ですから、精力アップすることでこの慢性的な疲労感も吹き飛ばすことが出来るわけです。

 

精力剤で元気=慢性疲労は無い

 

このような図式が完成するわけです。

 

精力剤は精力アップだけの、特別なものではないのです。

 

疲れが慢性的にたまって、元気もないな~というときには、精力剤がとても効果的なのです。

 

精力剤に対して偏見はよろしくありません。

 

精力剤は疲れた男にとっては、カンフル剤にもなるのですから。

 

精力剤の効果を最大限に引き出すには

 

精力アップで、慢性的な疲れを吹き飛ばすことが出来ると言いました。

 

では、精力剤で完璧か?といいますと、まだまだなのです。

 

精力剤でかなりいいところまで行くことは可能です。

 

ただ、人によっては効き目が強く出ることもありますから、精力剤で完璧な方もおられるかと思います。

 

どんな薬であっても、人によって効果の効きはさまざまです。

 

同じ、頭痛薬を使っても凄く効く人とそうでもない人がいるくらいですから。

 

では、精力剤で完璧でない人はどうすか?

 

答えは簡単です。

 

精力剤+ジョギング+筋トレです。

 

これは、間違いなく凄いことになります。

 

なぜか?

 

ジョギングや筋トレは男性ホルモンを増やすには非常に効果的だからです。

 

精力剤で精力アップ=男性ホルモンアップ
ジョギング+筋トレ=男性ホルモンアップ

 

つまり、トリプルでくるわけですから、効果がないことはありません。

 

時間的制約がある場合ですと、筋トレ+精力剤、ジョギング+精力剤でも十分です。

 

特に、短期間に男性ホルモンをアップして、精力アップを計画する場合は、筋トレが有効です。

 

 

運動習慣で疲れ知らず

 

精力剤と運動で慢性疲労に効果的なのは説明しました。

 

しかし、ここで注意したいことがあります。

 

ジョギングの場合、あまりに長距離を走ると逆に男性ホルモンが低下するということです。

 

もし、ジョギングの習慣が完成し、フルマラソンに出るようになったとします。

 

一回のフルマラソン出場でいっきに男性ホルモンは低下して、回復まで約3ヶ月の月日が必要となります。

 

これは、医学的に確認されています。

 

このようなこともあり、あまりに長い距離というのは精力アップに関してはNGです。

 

2~3km程度を一週間に2・3回走るのが慢性疲労には効果的で。

 

そして、一週間に2・3回筋トレをプラスすると、疲労対策にも精力アップにも最も効果的です。

 

人によっては、回数や距離などの調整が必要ですが。

 

このような、日常的なジョギングと筋トレで、ストレスの発散と精力アップが出来るわけです。

 

つまり、慢性疲労ともサヨナラです。

 

もう一つ注意事項がありました。

 

筋トレは、1時間以内に終わることです。

 

1時間以上ですと、逆に筋トレ効果が弱くなってきます。

 

この記事に関連する記事一覧