ホーム » 精力剤の効果 » 40代で精力剤を使用して精力・気力を回復できるか | 完走マン

40代で精力剤を使用して精力・気力を回復できるか | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

40代で精力剤を使用することで、精力や気力を回復する事はできます。

 

それはなぜか、どうすればよいのかを原因やメカニズムを明らかにし、分析する事で分かりやすく説明していきます。

 

 

40代の精力と気力減退

 

精力は20代で上げ止まり、60代には20代の約半分になると言われています。

 

しかしながら、それはあくまでも一般論であり、統計的な平均値です。

 

成長期であっても身長が伸びない人とぐんぐん伸びる人といるように、精力も減退の激しい人となだらかに減退する人で個人差があるのです。

 

では、その個人差はどのように分かるのでしょうか。

 

これは現代科学では説明しているものがほとんどありませんが、自身の日常生活に当てはめてみるとわかりやすいものです。

 

20代と同じように朝起きて、1日体を動かし、快食快眠快便できているのかどうか。20代の時から体調自体優れなかったのか等、人によって異なりますので、先ずは自分の20代と40代を比べてみてください。

 

自覚的には必ず心身のなんらかの衰えを感じているとは思いますが、自分を基準にして同年代の周りの人とも比べてみて、衰えがそれほど大きくないと感じるようであれば、単純に精力剤を飲むだけでも、充分に精力や気力は回復する事ができます。

 

風邪薬やうたたね防止の栄養ドリンクなどもありますので、それで試してみても良いのです。

 

 

寝起きによる診断と眼の疲れ

 

40代で一番感じる衰えは眼になります。疲れが取れにくい場合も良く言われますが、気づいていない人でもちょっと細かく自分の身体状況を振り返ってみると意外と多いのが眼の衰えです。

 

東洋医学では眼の事を昔は命の門と呼んでいました。命の火の強さを眼の力やピントの合い方で見ていたのです。

 

そして、夜はその火が消えるのが23時頃になります。

 

24時を過ぎると火が大きくなっていくので、起きっぱなしの人は老廃物をリサイクルして再生することや体内時計のリセット機能が働ききらず、25時間サイクルの体内時計がずれた状態で生活していることになってしまいます。

 

そのような状態であれば疲れを引きずり、精力、気力が減退していてもおかしくありませんし、精力剤を服用したとしても回復しなかったり、効果が低く感じられても当然の事なのです。

 

その為に、すぐに入眠できるか、起きてからすぐに動けるかという事を自己分析することは大切ですし、年を取るに従ってリサイクル機能が低くなっていく為、早めに寝て早く起きてしまう事も指標の1つとなるでしょう。

 

 

気力に深く関係するのはストレス

 

ストレスのない人はほとんどいません。元気に遊び回っている子どもでさえ、あれがしたい、これがしたいと葛藤が深いだけでそれは体にとってはストレスです。

 

それが体力や代謝の衰えてくる40代であれば尚更重くのしかかって、回復にも時間がかかります。

 

だからこそ、どのようなストレスが、どのくらい自分にかかっているのかを自己分析でき、その解消法を作る事ができれば、心と身体の回復力は早くなり、相対的に精力や気力が取り戻せます。

 

例えば、子どもの頃から真面目で、人の言う事を素直に聞く人や責任感の強い人はストレスが常時掛かっているのが当たり前の状態で、本人自身はそれに気づきにくいものです。

 

それに気づいている人は定期的にカラオケに行ったり、お酒を飲んだり、趣味に没頭することでストレスを発散できています。

 

しかし、その認識が無い人は少ない気力と精力で日常生活と仕事をこなしている為、精力剤を服用してもそのストレスに対処する為の精力として分配されてしまえば効果を感じることはできないのです。

 

精力がなければ気力は当然出て来ません。

 

 

精力剤で気力や体力を回復する為には

 

40代でも以上のような日常生活の偏り、例えば食生活であったり、睡眠であったり、人間関係のストレス、性格などによって損なわれているものがなく、その上に肉体的、精神的に健康であれば精力剤を服用するだけでも充分に精力、気力は回復します。

 

言い換えれば、以上の様な原因を解消することができれば、精力剤によって、精力、気力を回復できるだけでなく、心と身体の数年先の健康まで担保できる可能性があるのです。

 

その為には、先ずは自分の状態をしっかりと分析し把握する事。自分の状態を理解して、どのような養生をするべきか、又はどうやってストレスを発散していくべきかが分かれば、40代と言わず、60代でも可能性はあります。

 

しかしながら、精力減退に悩む人の多くは、自分の欲に囚われて欲を満たす事を優先している場合が多い為にこの小さな点でありながら、大切な点を見過ごしたり、コツコツやっても徒労感だけが増えたりして諦める人が多く、結果が出ないだけです。

 

コツコツ自分を分析し養生していくことはお金はかかりませんのでできるだけ実践していくことをお勧めします。

 

この記事に関連する記事一覧