ホーム » 精力剤の安全性・副作用 » リスクも考えて!個人輸入代行の精力剤の注意点 | 完走マン

リスクも考えて!個人輸入代行の精力剤の注意点 | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

精力剤は個人輸入代行の商品の中でも人気の高いものになっています。

 

ですがここで輸入されてくる商品には偽物のリスクもありますので、個人輸入する前に注意点を押さえておくようにしましょう。

 

 

個人輸入代行で精力剤を買っても大丈夫?

 

個人輸入代行は医薬品や海外製の精力剤を安く購入できる選択肢として非常に人気があります。

 

日本国内ではインターネットが普及してから個人輸入を依頼する人の数も増えています。

 

実際のところ個人輸入代行自体は違法なものではなく、一定の条件を満たしてさえいれば使うことが咎められることはありません。

 

具体的な条件としては例えば「個人で使用することを目的としている」や「個人で消費するという目的において合理的な量である」などのことが出てくるのですが、基本的には精力剤であれば量が一ヶ月以内に使いきれる量であれば問題ないとされることが多いでしょう。

 

さて、しかしながら個人輸入代行で精力剤を買うということは非常に大きなリスクがあるということは知っておかなくてはなりません。

 

特にバイアグラやレビトラといったような、日本国内では処方箋が無いと購入できないような薬を「精力剤だ」として考えるのは非常に危険だと言えるでしょう。

 

今回はこのリスクや、リスクをなるべく小さくするために心得ておきたい注意点について説明していきます。

 

 

個人輸入代行で取り扱われている精力剤の安全性

 

まずは最も重要なポイントとして「個人輸入代行で取り扱われている精力剤の安全性」について考えてみましょう。

 

これについて結論を言ってしまえば「個人輸入で買うから危険ということは無い」ということになります。

 

一見すると矛盾しているようにも見えますが、まず現在販売されている精力剤には様々なものがあります。

 

マムシを原料としたドリンクなどは古くからありましたし、漢方薬や自然由来の成分を使って作られるようなドリンク、錠剤も人気があります。

 

この他では実際にED治療の場で使われているバイアグラなどが精力剤として販売されていることもあるでしょう。

 

ですがこれらの品は殆どの場合、メーカーがしっかりと安全検査をしているはずですから問題は無いはずです。

 

個人輸入で仕入れてくるのも購入ルートが違うだけで、しっかりとした品物なのであれば問題は無いのです。

 

ですから「個人輸入で買うから危険」ということはありません。

 

では何が危険なのかというと、「販売されている品物が偽物だった」というケースです。

 

これは実際に発生しており、世界では既に被害も出ているのです。

 

 

偽物の精力剤で被害が出たケース

 

では偽物の精力剤で被害が出たケースとしてはどういったことがあるのかというと、最も重要なのは2008年にシンガポールで発生した偽物のバイアグラによる被害です。

 

ここではバイアグラを模して造られた偽物の精力剤によって40人に低血糖による昏睡などの明らかな被害が出て4人が死亡、そしてその死亡者のうち2人はこの偽造精力剤が死の直接的な原因だと明らかになりました。

 

こうした事故が日本で発生したという報告はまだほとんどありませんが、個人輸入によって国内に持ち込まれた精力剤の中にも偽造品は相当紛れ込んでいると指摘されていますし、厚生労働省は個人輸入で取り扱われる精力剤の中に「本来使用に注意が必要な医薬品成分が無断で使用されているものがある」として指摘をしています。

 

使用されている医薬品成分にもよりますが、成分によっては他の薬剤との併用で命に危険が及ぶ可能性もあります。

 

個人輸入であれば安く薬が買えるということは事実ですが、その事実だけが一人歩きしている現状は非常に危険であると言えるでしょう。

 

 

安全な個人輸入代行業者を見抜くポイント

 

さて、それでは「安全な個人輸入代行業者を見抜くポイント」はあるのかというと、正直なところこれはほとんど有りません。

 

もちろんかつてから個人輸入代行を請け負っている大手業者であれば、それなりに安全性は高いとして見ることが出来ます。

 

ですが大手が輸入をしていたとしても薬を販売する海外の業者がその大手業者すら騙している可能性があることを考えると、「大手は100%安全」とは言い切れないわけです。

 

もちろんだから利用するなということは言いませんが、個人輸入を利用する以上、どこであってもリスクはあります。

 

ですから個人輸入代行を利用するのであればリスクを少しでも小さくするために、薬の利用に際しての注意点をしっかりと書いている業者や、もしトラブルがあった時に連絡できる国内の電話番号や事業所の住所を明記している業者を選ぶということが重要になります。

 

特に精力剤を含むあらゆる薬は体に変化をもたらす以上、利用に際して何らかの注意点はあるはずです。

 

この注意点を書いてすらいないということになると非常に「怪しい」ですから、そこは利用しないようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧