ホーム » 精力剤の安全性・副作用 » 海外製の精力剤の安全性ってどう? | 完走マン

海外製の精力剤の安全性ってどう? | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

現在では海外製の精力剤も簡単に購入できるようになりましたが、その安全性はかなり疑問が残ります。

 

本当に困っているのであれば病院を受診して治療薬を処方してもらうようにしましょう。

 

 

人気を集める海外製精力剤

 

現代ではインターネットショッピングが非常に発達しており、そこでは実際の店舗ではなかなか取り扱っていない珍しい品物も簡単に手に入るようになりました。

 

このこと自体は非常に歓迎されるべきことではありますが、しかしそこで時折問題になるのが「薬の購入」についてです。

 

現在の日本の医療制度の中では薬事法の関係上、効果の強い医薬品については医師が発行する処方箋が無くては手に入らないようになっています。

 

ですが海外から転売をしない個人使用目的で薬を購入すること自体は禁止されているわけではありませんから、インターネットを介した個人輸入という形で薬を買う人がかなり増えました。

 

何らかの持病を持っている人が海外からジェネリック医薬品を安く買えるなどのケースもありますから個人自体が悪いわけではないのですが、そこでは安全性の確保されていない海外製の製品が輸入されてくる事が増えているのです。

 

これは精力剤という分野においても同様で、特に精力剤という商品自体は健康食品としての分類で輸入されてくる事が多いため、非常に問題視されています。

 

 

海外製の精力剤の安全性はどうなのか

 

では海外製の精力剤の安全性はどうなのかというと、これは本当に物によるとしか言いようがありません。

 

例えば海外で製造されたものであっても日本の企業がその製造工程を管理し、日本国内向けに海外から輸入しているというようなケースがありますが、この場合だと製品の安全性はある程度信頼できると言えます。

 

もともと日本国内での販売を想定している以上、販売に関連する日本の法律もしっかりクリアしているとして考えられるからです。

 

ですがそもそも海外で販売されている精力剤となると、その安全性はかなり疑わしいと言わざるを得ないでしょう。

 

特にバイアグラなど、本来は精力剤ではなく勃起不全という病気を治療するための医薬品のジェネリックを簡単に購入できる通販サイトなども出てきており、そうしたところを利用する際には細心の注意が必要であると言えます。

 

偽薬、つまり安い素材で本物の薬に似せて作られた偽物の薬などもありますし、海外では既にそうした偽薬による死亡被害も出てきています。

 

ですから海外製の精力剤に関してもリスクは高いとして考えておくべきと言えます。

 

 

厚生労働省が発表するデータ

 

これから海外製精力剤を輸入しようと考えている人にとって、安全性を判断するために非常に頼りになるデータがあります。

 

それが厚生労働省の発表する「個人輸入において注意すべき医薬品等について」というデータです。

 

名前自体は医薬品として指定がされていますが、ここには「性機能増強に関連するサプリメント」などがかなりの量掲載されています。

 

そこでは本来医薬品にのみ使用が許可されている強力な成分が含まれている製品が個人輸入で入ってきていることを指摘しているため、海外製の精力剤を購入することを検討する場合には絶対に、自分がこれから買おうとしている精力剤の名前が掲載されていないかどうかチェックするべきであると言えます。

 

もちろん実際に使ったから必ず被害が出るというわけではありませんが、例えばシルデナフィルというバイアグラに含まれている成分は狭心症の薬と併用することで最悪死亡する可能性があります。

 

こうしたリスクについては必ず事前に把握しておかなくてはならないわけですから、事前に掲載されている品目をチェックすることは忘れないようにしましょう。

 

 

本当に困っているのであれば病院の受診が必要

 

さて、こうした海外製の精力剤を購入しようとして検討している人の場合、ほとんどが少なからず勃起不全の症状を自覚しているはずです。

 

そのためにさまざまな精力剤を試してきて、より効果が強い海外製精力剤に目を付けたというところでしょう。

 

ですが残念ながら、精力剤は結局のところ健康食品程度の効果しか期待できないものであるということは理解せねばならない事実です。

 

もしそうした健康食品以上の効果がある物が無いと困るというようであれば、安全性のわからない精力剤を買うよりも専門医の診察を受けた方が絶対に良いと言えます。

 

現在では日本中に勃起不全を取り扱う専門クリニックが出てきていますし、そうしたところであれば簡単な問診と診察だけですぐに勃起不全を治療する薬を処方してくれることになるでしょう。

 

もちろん勃起不全治療薬を飲むことで重大な副作用が懸念されるというのであればその限りではありませんが、少なくとも狭心症発作などの心臓病を抱えていないのであれば勃起不全治療薬の多くは使用できます。

 

もし本当に困っているのであればまずは病院の受診を考えてください。

 

この記事に関連する記事一覧