ホーム » 精力剤の安全性・副作用 » 知っておきたい、ED治療薬の副作用について | 完走マン

知っておきたい、ED治療薬の副作用について | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

精力剤とED治療薬は全く別のものです。

 

特に薬となるといくつかの副作用もあり、硝酸剤などと併用すると最悪死に至ることもありますので、状況に応じて使い分けられるようにしておきましょう。

 

精力剤とED治療薬は全く別のもの

 

現在コンビニやドラッグストア、インターネットショップではさまざまな商品が並ぶようになっています。

 

これは精力剤でも全く同じことが言えるのですが、ここで少々気をつけたいのが「精力剤とED治療薬は別のものである」ということです。

 

これは当然と言えば当然のことなのですが、現在のインターネットショップでは個人輸入代行という形で薬も買えるようになりました。

 

もちろんそのこと自体は便利なことであり、例えば海外製のジェネリック医薬品を購入したいなどの状況では活用できるものとなります。

 

しかし精力剤に関連する情報を見ていくと、バイアグラのようなED治療薬があたかも「効果が強い精力剤」であるかのように書かれているところが少なくありません。

 

勃起を維持しやすくする、勃起しやすくするというところで目標は共通しているとはいえ、実際にはそれぞれは全く異なるものであるということは認識しなくてはならないのです。

 

ED治療薬はあくまでも薬なのですから、気軽に飲んで良いはずがありません。

 

ここではED治療薬について、またその副作用について詳しく見て行きます。

 

 

ED治療薬とはそもそも何なのか

 

まずはEDを治療する薬と言うものがそもそも何なのかということについて確認しましょう。

 

現在この分野の薬として販売されているのはバイアグラ、レビトラ、シアリスの三種類があります。

 

ジェネリック薬を含めればもっと種類は多くなりますが、有効成分で分けるとジェネリック薬もこの三種類のいずれかに含まれます。

 

成分によって効果の出方は異なりますが、全て血管拡張作用があり、血管拡張作用によって勃起しやすくするという仕組みは変わりません。

 

血管拡張作用で勃起を促進するということについては「陰茎部に贈られる血液の量を増大する」ということが関係しており、端的に言ってしまえば陰茎部に普段よりも多くの血液を送ることで勃起を維持しやすく、また通常よりも少ない性的刺激などで勃起できるようにするということになります。

 

精力剤と異なる点としてはこの効果を発揮する成分が国で医薬品として指定されている成分であるというところと、医師の処方箋があってはじめて入手できるものであるというところです。

 

効果は大きいですが、実は使用法を誤ると最悪死亡することもある薬なのです。

 

 

ED治療薬の副作用とは

 

さて、先ほどの結びとして「使用法を誤ると最悪死亡する」と恐ろしいことを書きましたが、こうした最悪のケースに至るのは主に硝酸剤と呼ばれる薬とED治療薬を併用した場合です。

 

この薬には血管拡張作用があるため血圧の低下が副作用としてあるのですが、硝酸薬も同様に血圧を低下させる効果があります。

 

ニトログリセリンはその代表格となりますが、二つの薬によって同時に血管拡張作用が発揮されると、血圧が一気に低下して生命維持に支障をきたす状態になり得てしまうのです。

 

事実として日本国内でもバイアグラが出始めたころに死亡事故が発生しました。

 

海外においても同様の事例が発生していますから、この点は間違いなく確認しなくてはならないことなのです。

 

またあまりリスクが大きくない副作用としては顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸などの副作用もあります。

 

本来こうしたことについては医師から処方を受ける際に説明があるのですが、個人輸入などの形で入手された場合、副作用についての十分な説明が受けられないこともあるため注意が必要です。

 

 

精力剤とED治療薬の使い分け

 

ここまでをまとめると「ED治療薬は血管拡張作用によって勃起を促進する効果がある」ということと「別の薬と併用すると副作用として最悪死に至る場合がある」ということになります。

 

さて、最後に「精力剤とED治療薬の使い分け」についてお話しましょう。

 

精力剤とED治療薬は全く別の物ですが、目的である勃起の促進と維持ということは共通しています。

 

ですからそれぞれは使い分けて使用することが出来るわけです。

 

例えば精力剤は副作用があることはあっても死に至るほどのことはありませんから、EDではないかと疑い始めた初期段階や、普段からしっかり勃起できるものの性的満足をより高めたいなどのニーズには非常によく合います。

 

しかし完全にEDだと判断できる状態、例えば全く勃起が出来ないというような場合や性行為の間勃起が維持できないということになっているのであれば、精力剤よりも効果が高いED治療薬を使うべきでしょう。

 

二つを比べて「こちらの方が優れている」ということは言えないのが実際のところであり、そして二つの存在は全く別だからこそ上手く使い分けることが重要なのです。

 

この記事に関連する記事一覧