ホーム » 精力剤の比較と選び方 » ドラッグストアと通販の精力剤、効果の違いを調べてみた | 完走マン

ドラッグストアと通販の精力剤、効果の違いを調べてみた | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

ドラッグストアと通販の精力剤を比較した場合に、種類、数、効果に様々な違いがあります。

 

それを分析して考えることで、何をどのようにして選択するべきかを説明しています。

 

ドラッグストアの精力剤

 

ドラッグストアに売られている精力剤は、他の個人薬局でも販売されており、大きな企業の精力剤であればコンビニでも売られているものがあるほど、極めて一般的な商品です。

 

一般的な商品という事は、安全性に重点が置かれており、効果は二の次になります。

 

この販売方式によって、大量にものを裁ける為に、価格も低価格を実現しやすいのです。

 

低価格や安全性はとても大切な事ですが、買った商品に期待された効果がなければ、結局は違う精力剤を買う羽目になります。

 

従って基本的にドラッグストアでは、少し元気が足りないと感じる場合や試しに使ってみる程度の気持ちで購入するのが望ましく、大きな効果を期待して購入すべきではないことが分かります。

 

初めて精力剤を買う場合等は、ドラッグストアで買う方が良いかも知れませんが、男性のかなり多くの人が精力剤を購入した経験があることを考えると、ドラッグストアで精力剤を買うことは賢明な判断とは言い難く、新しく販売されているものを試してみる程度で考えた方が期待はずれにならなくて良いのです。

 

通販での精力剤の種類と効果

 

通販では、現在はインターネットを介して大量の種類が検索でき、購入できるようになっています。

 

この種類の多さがドラッグストアとは決定的に違います。

 

しかしながら、通販ではどこから仕入れたのか不明な場合や安全性の確保、副作用の有無が使ってみるまでは分かりにくいのも確かです。

 

全く知識も精力剤の購入経験もない人が、大きな宣伝に引き寄せられて購入し使用した結果、副作用に見舞われるという事が全く無いとは言えません。

 

クーリングオフやお試しというのもありますが、通販の場合は先ず販売元がどういうところか、成分に何が入っているのか、表示が正しいのか等、自ら調べてある程度の確信を持った上で試してみるか、多くの口コミ、評判を自分の眼で確かめた上で購入、服用する必要があります。

 

通販の場合、大きな企業も宣伝していますが、小さな個人経営であってもインターネット上にあげることはできるので、それこそ未知の効果を現すような精力剤に出会える可能性もあり、長所と短所の幅が大きいので、あくまでも自己責任の下で判断していく必要があります。

 

ドラッグストアと通販の違い

 

ドラッグストアは言わば雑貨店であり、今では薬だけでなくなんでも置いているところが少なくありません。

 

その為、専門性の高いものは少なく、広く一般的に使いやすく購入しやすいものが置かれているのが普通です。

 

つまり、高い効果を求めて精力剤を購入する場所ではないのです。

 

そうなると、通販での購入が良いと言う事になりますが、通販の場合は自分の眼で確かめ、自分の判断で購入する必要がありますので、精力剤についてあまり知らない状態で安易に購入するのはハイリスクハイリターンとなり、喜べる場合もありますが、副作用で後々苦しむこともないとは言えないのが現状です。

 

それならば、どうすれば良いのか。答えは簡単です。

 

先ずはドラッグストアで効果は低くても安全性の高い精力剤を試して見ることです。

 

その上で、成分表示やメーカーなどをみて、どのようなものが自分にとって良かったのかをメモしておきます。

 

ドラッグストアの精力剤で充分満足出来るのであれば、それで良いのです。個人差の大きなものですから、自分の体感を第1に考えます。

 

 

ドラッグストアで納得が行かない

 

ドラッグストアで色々な精力剤を試したが、納得できないと感じる方はインターネットで検索してみてください。

 

検索結果が大量な為、それまで試していなかった人は多すぎて迷い、判断しきれない事になります。

 

やみくもに購入すれば、リスクはかなり大きくなりますので、ここでドラッグストアで試した経験が生きてくるのです。

 

精力剤の成分にも様々なものがありますので、今まで飲んだことのないものは判断しようがありませんが、飲んだものであれば大体想像がつくはずです。

 

似たような成分であれば、当然近場で手に入れられ、安いもので充分ですが、インターネット上の精力剤は目的達成を第一義としている為に、飲んだことのない成分が入っているものもあります。

 

しかし、先ずは飲んだことのある成分が大半を占めながらも、一般的に販売されているものではないものから試していけばリスクは低く、自分の体感で区別ができます。

 

こうして、徐々に判断していけば総計としては金額が張るかも知れませんが、リスクを極力低くしながら大きな効果を得られることは間違いありません。

 

この記事に関連する記事一覧