ホーム » 精力剤の比較と選び方 » ED(勃起不全)に効果を実感できる精力剤は? | 完走マン

ED(勃起不全)に効果を実感できる精力剤は? | 完走マン

読了までの目安時間:約 6分

精力剤は男性機能の低下に対する最も有効な対抗手段の一つです。

 

ED(勃起不全)に効果のある薬を選ぶためには、その有効成分や内容量などのデータについて注目する必要があります。

 

 

精力剤の有効成分について

 

男性機能の低下は、男性にとっては自信の喪失につながってしまうほか、夫婦間においては良好な関係に悪影響を与えるなど多くのデメリットがあります。

 

こうしたED(勃起不全)の症状に関する改善策は古来より食品に頼っており、最近では精力剤の有効成分としても古来からの精力剤成分が注目されています。

 

精力剤に関しては長らく科学的な実証の数ない迷信じみたものなども多いのが現状でしたが、近年では医学的な見地から臨床実験などのデータ収集を経て確かな効果が実証された精力剤の有効成分が多く、人工的にホルモンバランスを変異させるメカニズムの開発なども進んでいます。

 

その一方で、昔ながらの食品の精力増強も科学的に効果が証明され、再発見されつつあります。

 

精力剤は保存料や補助成分など幾つかの点か成分が含まれていますが、その中でも有効成分は薬の質を決める重要なもので、ED(勃起不全)などへの効果も大きく変わってきてしまいます。

 

有効成分はまさに商品の決め手といえる物質で、購入の際には慎重に吟味することが重要です。

 

注目のEDに効く成分

 

人工の精力増強成分、天然の成分など多くの精力アップのための物質が確認されていますが、こうした数多くの成分の中で、特にED(勃起不全)に対する効果が認められている成分にはどのような物があるのでしょうか。

 

近年注目を集めている成分としては、シトルリン、アルギニン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニンなどのアミノ酸、亜鉛、一酸化窒素、オルニチンなどがあり、それぞれ異なるメカニズムで精力増強を行います。

 

男性機能はホルモンに大きな関連を持っています。

 

なので、精力増強の方法としてはホルモンに関与して根本的に体の機能を回復してゆくもの、または滋養強壮や血行促進効果によって勃起の持続を促すなどして一時的に精力を強化するものなどの種類があります。

 

最近ではアミノ酸系の成分に大きな注目が寄せられており、これらは栄養補給によって体の状態をナチュラルに戻し精力増強を行うというもので、上記のアミノ酸の他にも数多くのアミノ酸がED(勃起不全)に効くとして、栄養補給系の精力剤の主要成分として利用されています。

 

 

アルギニンの有用性について

 

まず、近年注目の精力剤成分としてはアルギニンが大きな注目を集めています。

 

アルギニンはアミノ酸の一種で、天然に存在していますが食物を通してしか体内に取り入れることができず、不健康な生活をしていると不足しやすいアミノ酸の一つです。

 

こうしたタイプのアミノ酸は条件付必須アミノ酸と呼ばれており、体内の化学反応を円滑に行うために非常に有効な作用を示します。

 

このアルギニンは新陳代謝の促進や、コラーゲンの生成、免疫機能の強化など多くの作用を示します。

 

また、滋養強壮効果も認められており、マカやクラチャイダムの中に非常に多く含まれていることから、ED(勃起不全)治療薬の有効成分として利用されるようになりました。

 

マカ、クラチャイダムはこのアルギニンを多く含んでおり、近年注目されている食材です。

 

両者とも東南アジア原産の食品で、非常に高い精力アップ効果を秘めている食材です。

 

これらを濃縮してサプリメントにした商品も多く、アルギニンなどのアミノ酸を最も効率よく摂取できる手段の一つであるといえます。

 

自分に合った商品を選ぶこと

 

アルギニンを非常に多く含んだ食材の発見や普及によって、精力剤業界は新たな局面を迎えており、人工的にホルモンに似た機能のある成分を開発することよりも、昔ながらの精力食材の再発見に大きな努力がつぎ込まれています。

 

最近では、マカやクラチャイダムを利用したサプリメントや薬も少なくありません。

 

また、こうした食材の他にもより多くのアミノ酸を含んだ食材も報告されています。

 

精力剤の傾向としては、一夜限りの精力増強でなくて、より健康的な、長期的な効果が重要視されており、自然由来の食品をサプリメントに使うことによってナチュラルにED(勃起不全)を改善することができます。

 

さて、こうした多くの精力剤があふれているこの世の中において、もっとも重要なことは自分の体に合った精力剤を選択することです。

 

精力剤自体、市販されている商品ならば臨床検査によって安全性が確立されていますが、ごくまれに体質の関係でアレルギー症状を引き起こしてしまう場合もあります。

 

また、不適切な利用方法をすると健康被害の原因になることもあるので注意が必要です。

 

この記事に関連する記事一覧